ムヨンゲ(ルワンダ) アースロースト

18-RWA-MUY-V

ルワンダは、1994年に大虐殺が起きるという大変悲しい歴史があります。その時に政治も経済も混乱し、国は荒廃しました。しかし現在では「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの復興を遂げている最中です。その原動力の一端を担うのがコーヒー産業です。現在ではルワンダの輸出の4分の1を占めるほどの重要な産出品となっています。

SSEでは毎年,ルワンダ(及び,同様の歴史を持つブルンディ)のコーヒーを積極的に皆さんに紹介しています。あまり見かけることのないルワンダのコーヒーですが、日本のコーヒーの輸入額におけるルワンダコーヒーの割合は、なんと2%に過ぎないのです。
ルワンダのコーヒーを買い付けることで復興の一助になりますので、当社ではルワンダ(とブルンディ)のコーヒーを毎年みなさんにご紹介差し上げております。

さてこのムヨンゲ地区の1200軒の農家さんが作ったコーヒーですが、そのほとんどの工程が手作業であり、品質の向上に村全体で取り組んでいるということです。その結果、国際品評会カップオブエクセレンスにて何度も入賞をし、実績は国内外で高く評価されています。
このロットも、華やかなフローラルの香りとジューシーな果実感、甘さのあるボディと、いわゆるアフリカンコーヒーの醍醐味を味わえる品質です。


14-RWA-GIH-V生産国:ルワンダ
エリア:北部州ガケンケ郡ムヨンゲ 
生産者:ムヨンゲ地区 約1200軒の小農家
農協:ムヨンゲウォッシングステーション
標高:1700-2000m
品種:ブルボン
処理:ウォッシュト(アフリカンベッドによる天日乾燥)


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


ミゲル(コスタリカ) アースロースト

18-CRI-MIG-E

首都サンホセの南方、セントラルバレー地区に、ミゲルさんが所有するトレス・エルマナス農園があります。5ヘクタールほどの小さな農園ですが、この農園では栽培から輸出までのすべての工程をミゲルさん一家が行っており、業務を外部に委託することがありません。
ミゲルさんも以前は収穫したコーヒーの実の処理や出荷などの段階を委託していたことがありました。しかし、自分たちが一生懸命作ったコーヒーの実を責任持って消費国へ届けるにはどうしたらいいかと考え、委託していた部分を内部で行うように切り替えてゆき、最終的に輸出までも自らの農園で行うことにしました。小規模農園では珍しいと言えるでしょう。
そんなミゲルさんのつくったこのロットですが、ドライプロセスで非常にリッチな甘みと完熟の果実感、そしてふくよかな口当たりが楽しめます。ドライプロセスはウォッシュトと比較して品質管理が難しいと言われますが、しっかりと仕上げてあるのは自農園内ですべてミゲルさんが目を光らせているから、かもしれませんね。
農園名のトレス・エルマナスとは日本語で三姉妹の意味だそうです。その名の通り、ミゲルさん家には三人の娘さんがおり、農園運営を手伝っています。写真はその三姉妹、おすましして写ってますね。


14-CRI-HER-E生産国:コスタリカ
エリア:サンホセ州アセリー地区ラレグアデナランホス 
生産者:ミゲル・ガンボア氏
農園:トレスエルマナス
標高:1710m
品種:カツーラ
処理:ドライプロセス(天日乾燥)


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


エバー(ペルー) マーズロースト

18-PER-EVE-M

SSEでは、ペルーのコーヒーを初めて扱います。ペルーはコーヒーの生産ではまだまだメジャーとは言い難いですが、近年、非常に高品質なコーヒー豆を市場へ送り出してきていることで注目を集めています。

ペルー北部、エクアドルとの国境近くの山あいにカハマルカ県があります。11年前にウアバル地区で農園を始めたバスケスさんは、より優れたコーヒー豆を出荷できるようにと4年ほど前に栽培しているコーヒーの木を一新しました。また、バスケスさんはいま、地元のコーパグロ生産者組合に所属していますが、こちらの組合も2016年に発足したもので、新しい取り組みに励んでいるそうです。
品質を高めることと安定して生産することを両立させ、私たち消費国へ素晴らしいコーヒー豆を届けてくれるバスケスさん。まだまだこれから成長が期待できる生産者です。そんなバスケスさんが今季生産したいくつかのロットの中で、甘みとやわらかな果実感を持つロットについて、SSEがそのロットを全量購入いたしました。
ぜひ、バスケスさんの自信作をお楽しみになってください。


Flag of Peru生産国:ペルー
エリア:地域:カハマルカ県ウアバル
生産者:エバー・リオハ・バスケス氏
農園:パルト農園
標高:1850m
品種:カツーラ,ブルボン,パチェ
処理:ウォッシュ(パティオ天日乾燥)
その他:SSE独占ロット


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


リリアナ(エルサルバドル) アースロースト

18-SLV-LIL-E

国民の4分の1がコーヒーの仕事に関係するというコーヒーの国、エルサルバドル。
リリアナさんは医学博士でもある父からモンテシオン農園を受け継ぎ、働く人たちの生活環境や自然への影響もしっかりと考えつつ農園運営に当たっています。農園内に託児所や診療所を開設し、安心して働ける環境を構築しています。また自然にやさしい農園でもあり、レインフォレストアライアンス認証を取得しています。
そのリリアナさんの作るコーヒーですが、甘みと透明感がありジューシーで、スムーズな飲みやすさがあります。アースローストでみずみずしさを持った焙煎としました。


生産国:エルサルバドル
エリア:アワチャパン県アティキサヤ 
生産者:リリアナ・エレラ・ウルティア氏
農園:モンテシオン農園
標高:1400-1600m
品種:
処理:ウォッシュ


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


サンアグスチン・カフェインレス(コロンビア) アースロースト

18-COL-SAG-D

コロンビアの高品質なカフェインレスコーヒーです。

生産者はウィラ県のおよそ40軒の小農家の皆さんです。高品質で美味しいコーヒーを生産しているみなさんが持ち寄ったチェリーをロットにし,それを脱カフェイン処理しています。
脱カフェイン処理はカナダのスイスウォーター社が行っています。化学薬品を使わず,水と濾過器だけで処理をしています。
もともとのコーヒー豆が美味しいから,脱カフェイン処理をしても美味しいんです。その味わいは高品質なコーヒーそのもの。カフェインレスコーヒーとは気が付かないくらい美味しくいただけます。
健康上の理由でカフェインを摂りたくないときや、やおやすみ前のご利用などにお使いくださいませ。


生産国:コロンビア
エリア:地域:ウィラ県 サンアグスチン地区
生産者:約40の小農家
標高:1600-1900m
品種:カツーラ他
処理:ウォッシュ
その他:カナダのバンクーバーにあるスイスウォーター社に送り、ディカフェ処理したロットです。スイスウォーター社では、100%ケミカルフリー(化学薬品未使用)にて、ディカフェ処理を行っています。カフェイン99.9%除去。


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


マリオ(コスタリカ) サターンロースト

18-CRI-MAR-S

コスタリカ有数の高品質コーヒー生産地,タラス地区。マリオ・ヒメネス氏が19歳の時に、父親からお金を借りてアンゴストゥラ農園をスタートしました。彼の人生そのものがコーヒー生産であると言っていいでしょう。
さてコスタリカと言えば「ハニープロセス」と呼ばれる生産処理方法が有名ですが、近年では他の国でも採用されている、甘みに優れ品質を高くすることができる処理で、マリオ氏もこのロットに適用しています。
サターンローストにて深いビター感を持ちつつも丸みがあり甘さを感じさせるのは、ハニープロセスのおかげかも知れません。
アイスコーヒーでも楽しみたい方、お砂糖・ミルクをお使いの方にも、大変おすすめできる銘柄です。


14-CRI-HER-E生産国:コスタリカ
エリア:サンホセ州タラス地区サンアンドレス
生産者:マリオ・ヒメネス
農園:アンゴストゥラ農園
標高:1600m
品種:カツーラ
処理:ハニー
その他:パティオによる100%天日乾燥


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


マルドナド(ホンジュラス) サターンロースト

18-HND-MAL-M

W.A.マルドナド氏の所有するカラメラ農園からのロットです。
カングアル村の生産者グループからは、SSEでもよく買付させてもらっていますが、マルドナドさんはそのグループの中の一人です。インティブカ県周辺では高品質コーヒーが生産される農園が多く存在し、もともと気候など地理条件が良いとされていますが、その中でもこのグループではより良いコーヒーを生産するために常に勉強し、競争し合って品質を高めています。
このロットでは丸みのある風味とコク,そして甘さをよく持っている特性となっております。サターンローストでしっかりとビター感を演出し、キレとコクのある風味とすっきりしたあとくちにしてあります。


13-HON-D-EA生産国:ホンジュラス
エリア:インティブカ県 サン・ファン地区 カングアル村
生産者:ウィルマー・マルドナド
農園:カラメラ農園
標高:1690m
品種:レッドカツアイ,イエローカツアイ,IHCAFE90
処理:ウォッシュト
その他:パティオによる100%天日乾燥


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


コンガ(エチオピア) ジュピターロースト

17-ETI-KON-J

エチオピアでは最も有名な産地であるのはもちろん,世界のバイヤーが毎年競って買付に来る,世界でも有数の高品質なコーヒーの生産地,イルガチェフェ村。
世界を見渡しても場所の名前とコーヒーの特性がぴったりとイメージできるという銘柄は多くはありません。いわゆるイルガチェフェっぽさのあるコーヒーということでは,このコンガ農協のロットがオススメです。
ドライプロセスならではのイチゴジャムのような風味,甘さと柔らかな酸味と,ジュピターローストによるほんのりビター感のバランス。しっかりとコーヒー感を感じつつ,エキゾチックな印象もあるコーヒーです。
コンガ農協はイルガチェフェ村に20余りある農協の中でも規模も大きく,そのコーヒー生産に対する姿勢も優れています。加盟している小農家の皆さんの努力のたまものですね。


生産国:エチオピア
エリア:イルガチェフェ村
生産者:コンガ農協 小農家
標高:2500m
品種:アビシニカ(在来種)
処理:ドライプロセス


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


リオヴェルデ(ブラジル) マーズロースト

17-BRA-RVE-M

ブラジルは世界最大のコーヒー生産国であり、その歴史は古く、1800年代初頭から国策としてコーヒー生産に力を入れてきました。いまでは世界のコーヒー生産の三割を担うほどとなっています。広大な国土の広い範囲でコーヒーを生産しており、地区ごとに、伝統的な特徴のあるコーヒーを生産しています。その中でカルモデミナス地区は、近年になり優良産地として目立つようになってきたエリアです。
近年、高品質コーヒーの需要の高まりからブラジルでも品評会などで好評価を得るようなコーヒーの生産が盛んになってきました。カルモデミナスは小ロットで高品質なコーヒーを多く生産することで、品評会などでは上位入賞の常連となり、世界中のバイヤーを魅了しています。このリオヴェルデ生産者組合でも、大手輸出事業者のカルモコーヒー社とのタッグにより、伝統的なドライプロセスを踏襲しながらも現代的な品質基準においても高評価を得ることができる、クリーンで明るい風味のコーヒーを生産しています。このロットも、甘みとナッツやチョコレート感をベースとして、やわらかな柑橘系の風味を感じる、現代的な風味特性となっています。
ブラジルのコーヒー生産では標高1000m前後というところがボリュームゾーンだと思われますが、1250m付近のエリアで栽培されたこのロットでは、ドライプロセスながらも焙煎を進めていっても豆がもろくなりませんので、十分に熱を入れることができます。マーズローストで、ボディ感をしっかり感じてもらえる焙煎となっています。


15-BRA-KAN-M生産国:ブラジル
エリア:ミナスジェイラス州 カルモデミナス地区
生産者:リオヴェルデ生産者組合
標高:1250m
品種:イエローブルボン
処理:ドライプロセス


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


オナンガンジャン(インドネシア) マーズロースト

17-IDN-OGA-M

インドネシアでは三大産地と言われるスマトラ島とスラウェシ島、ジャワ島。その中でスマトラ島は高品質なコーヒーを生産することで有名ですが、そのコーヒーのことを特別に「マンデリン」と呼ぶことがあります。もともとスマトラ島でコーヒーを盛んに栽培していた民族の名前に由来する呼称なのですが、いまでは広くトバ湖周辺のエリアで採れたコーヒーを指すようです。
トバ湖周辺では、アチェとリントンという二つの有名なエリアがありますが、それぞれに特徴的な風味特性を持っており、同じ湖のまわりと言っても個性が違っています。そのうち、SSEではいつもリントン地区からのコーヒーを好んでご紹介していまして、このオナンガンジャンもリントン地区からのロットです。
オナンガンジャンというのは、リントン地区の中に暮らす民族の名前であり、その場所の名前であり、彼らの育てるコーヒーノキの品種の名前でもあります。麻袋にも大きく印刷されていますね。スマトラ島にはたくさんの少数民族が暮らしていますが、その民族のひとつがオナンガンジャンということになります。リントン地区のコーヒーですから、マンデリンと呼んでもいいのですが、一生懸命に育てて大切に袋詰めされたその場所と民族の名前を大事にしたいと思い、オナンガンジャンという名前でご紹介させてもらっています。
コーヒーの風味は力強く、南国のフルーツを思わせる甘さとクリーミーな口当たりです。くちの中に残る香りはスマトラコーヒー独特のものがあります。
さまざまな事情から、安定した品質で継続的にコーヒー生産することが難しいと言われるインドネシア・スマトラ島のコーヒーですが、オナンガンジャンでは栽培から出荷までの品質管理がしっかりしており、安定した品質のコーヒーが出荷されています。


生産国:インドネシア
エリア:スマトラ島 フンムバン・ハスンドゥタン県
生産者:オナンガンジャン小農家
標高:1400m
品種:オナンガンジャン(自生の在来種)
処理:スマトラ式


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


Next Posts