ムヨンゲ(ルワンダ) アースロースト

18-RWA-MUY-V

ルワンダは、1994年に大虐殺が起きるという大変悲しい歴史があります。その時に政治も経済も混乱し、国は荒廃しました。しかし現在では「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの復興を遂げている最中です。その原動力の一端を担うのがコーヒー産業です。現在ではルワンダの輸出の4分の1を占めるほどの重要な産出品となっています。

SSEでは毎年,ルワンダ(及び,同様の歴史を持つブルンディ)のコーヒーを積極的に皆さんに紹介しています。あまり見かけることのないルワンダのコーヒーですが、日本のコーヒーの輸入額におけるルワンダコーヒーの割合は、なんと2%に過ぎないのです。
ルワンダのコーヒーを買い付けることで復興の一助になりますので、当社ではルワンダ(とブルンディ)のコーヒーを毎年みなさんにご紹介差し上げております。

さてこのムヨンゲ地区の1200軒の農家さんが作ったコーヒーですが、そのほとんどの工程が手作業であり、品質の向上に村全体で取り組んでいるということです。その結果、国際品評会カップオブエクセレンスにて何度も入賞をし、実績は国内外で高く評価されています。
このロットも、華やかなフローラルの香りとジューシーな果実感、甘さのあるボディと、いわゆるアフリカンコーヒーの醍醐味を味わえる品質です。


14-RWA-GIH-V生産国:ルワンダ
エリア:北部州ガケンケ郡ムヨンゲ 
生産者:ムヨンゲ地区 約1200軒の小農家
農協:ムヨンゲウォッシングステーション
標高:1700-2000m
品種:ブルボン
処理:ウォッシュト(アフリカンベッドによる天日乾燥)


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


コンガ(エチオピア) ジュピターロースト

17-ETI-KON-J

エチオピアでは最も有名な産地であるのはもちろん,世界のバイヤーが毎年競って買付に来る,世界でも有数の高品質なコーヒーの生産地,イルガチェフェ村。
世界を見渡しても場所の名前とコーヒーの特性がぴったりとイメージできるという銘柄は多くはありません。いわゆるイルガチェフェっぽさのあるコーヒーということでは,このコンガ農協のロットがオススメです。
ドライプロセスならではのイチゴジャムのような風味,甘さと柔らかな酸味と,ジュピターローストによるほんのりビター感のバランス。しっかりとコーヒー感を感じつつ,エキゾチックな印象もあるコーヒーです。
コンガ農協はイルガチェフェ村に20余りある農協の中でも規模も大きく,そのコーヒー生産に対する姿勢も優れています。加盟している小農家の皆さんの努力のたまものですね。


生産国:エチオピア
エリア:イルガチェフェ村
生産者:コンガ農協 小農家
標高:2500m
品種:アビシニカ(在来種)
処理:ドライプロセス


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。