エチオピア イルガチェフェMHA ジュピターロースト

17-ETH-MHA-J

エチオピアの中でも特に優良産地と言われるイルガチェフェ村。そこには世界中のバイヤーが訪れ、競い合うように買付を行っています。ほとんどが小農家(家族経営)で、一軒あたりは大変少量の収穫量となっています。その収穫した実は一軒ごとに処理するには大変少ないので、多くは持ち込んだ農協単位で出荷されていきますが、それは日本の農作物と同じようなシステムですね。このロットでは、農協ではなく、ウォッシングステーションという単位での出荷となっております。民間の企業であるモハメッド・フセイン・アダミ・ウォッシングステーションに収穫した実を持ち込んで、そのステーションで等級分けをし、出荷しています。
エチオピアの主力産業である農業の主力であるコーヒーは、コーヒー発祥の地ということもあり古くから国が力を入れており、アフリカンコーヒーの中でも高い評価を得ています。その中で、品質により区分される等級ではナチュラルG1と呼ばれる最高級の等級を獲得したロットをご紹介します。
ジュピターローストで、香ばしさやカラメルのような甘さも十分に感じられますが、エチオピアのドライプロセスならではのベリージャムのようなねっとりとした質感と甘さ、そして熱により生成されるコクと本来持っているさわやかさが同時に感じられるという、贅沢な風味特性を持っています。力強い風味特性は飲みごたえ抜群です。


生産国:エチオピア
エリア:南部諸民族州ゲデオゾーン
生産者:イルガチェフェ村小農家
標高:1700-1800m
品種:在来種
処理:ドライプロセス
その他:モハメッド・フセイン・アダミ・ウォッシングステーションにて生産処理を行いました


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


ケニア ルイスグラシア マーズロースト

17-KEN-LGL-M

ケニアのコーヒー輸出大手、JOSLA社が、特に優れた香味を持つコーヒーを選りすぐり、ルイスグラシアの名前でロットにしています。
ニエリ地区他の契約農家が持ち込むコーヒーの実を丁寧に選別し、グレーディングで “++” を付与される、上質な酸味と豊かな甘み、そしてリッチなボディ感と認められたものだけを選びました。
一般にケニアのコーヒーのイメージとして持たれる「酸っぱい」という印象よりは、むしろ「甘い」と思わせる特性です。
マーズローストの焙煎ともよくマッチしており、どっしりとした印象をも受ける厚みのある風味と落ち着いた印象は、アフリカの広大な大地を思わせるようです。


生産国:ケニア
エリア:ニエリ地区近傍
生産者:JOSLA社契約農家
標高:1800m
品種:SL28, SL34, ルイル11他
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。