コロンビア トトロ アースロースト

17-COL-TOT-E

SSEの看板銘柄とも言える、おなじみのトトロです。
ニュークロップ(新年度産)になりまして、昨年のものと比べるとやや甘みを感じやすく、丸みのある風味に思えます。同じ場所で同じ生産者がつくっているので、基本的には、似た風味特性になるはずなのですが、毎年、細かく風味に差異があるところが農作物なんだなあと感心します。
今年はコロンビアで何かあったのか、出荷が遅れまして、例年は2月に切り替わるところがなんと4月にずれ込みました。やっとこちらの新年度ものをデリバリーできましてうれしく思います。
アースローストではトトロ本来のシャープで透明感のある特性を感じていただけるように、しっかりと熱を加えつつ、果実感も味わっていただけるバランスの良い焙煎としています。軽い飲みくちで飽きずに飲める特性で、当店定番のコーヒーの座をがっちりと守っています。

こちらのロットは、SSE向けに出荷していただいており、麻袋に当店のロゴをプリントしてあります。通年、販売できるように計画的に生産者から購入しておりますので、いつでも変わらずお求めいただける銘柄となっております。


生産国:コロンビア
エリア:カウカ県
生産者:トトロ村小農園共同制作
標高:1950m
品種:カスティージョ
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


コロンビア トトロ ジュピターロースト

17-COL-TOT-J

SSEの看板銘柄とも言える、おなじみのトトロです。
ニュークロップ(新年度産)になりまして、昨年のものと比べるとやや甘みを感じやすく、丸みのある風味に思えます。同じ場所で同じ生産者がつくっているので、基本的には、似た風味特性になるはずなのですが、毎年、細かく風味に差異があるところが農作物なんだなあと感心します。
今年はコロンビアで何かあったのか、出荷が遅れまして、例年は2月に切り替わるところがなんと4月にずれ込みました。やっとこちらの新年度ものをデリバリーできましてうれしく思います。
ジュピターローストではゆるやかに熱を加えつつ、しっかりとカラメルのような甘さと香ばしさを表現しています。ホットにもアイスにも使いやすい特性になっています。また、キレの良い後くちとスッキリ感で、しゃきっとしたいときにマッチすると思います。

こちらのロットは、SSE向けに出荷していただいており、麻袋に当店のロゴをプリントしてあります。通年、販売できるように計画的に生産者から購入しておりますので、いつでも変わらずお求めいただける銘柄となっております。


生産国:コロンビア
エリア:カウカ県
生産者:トトロ村小農園共同制作
標高:1950m
品種:カスティージョ
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


コロンビア エルエンカント農園 アースロースト

16-COL-EEN-E

コーヒーの国際品評会「カップオブエクセレンス」で入賞経験のあるエルエンカント農園は、コロンビアの首都ボゴタより西に100kmほど離れた丘陵地帯、コーヒー生産に大変適した場所にあります。

農園のあるエリアには手つかずの原生林もあり、豊富に水が湧き出てきておりまして、コーヒー生産で重要となる水資源に恵まれています。
このロットは、エルエンカント農園で栽培されたコーヒーの木のうち、品質のよいものだけを選別して特別にドライプロセスで処理したものです。出荷時の名前も「トロピカルスイート」と名づけられ、特別なロットであることを示しています。
やや軽めのアースローストで、本来の果実感に火が入り、フルーツジャムのように甘く濃厚な風味を楽しめます。
※ドライプロセス:収穫したコーヒーの実から果肉を外さずに乾燥工程に進む処理方法。ジャム様の果実感の表現と甘味に優れた方法と言われる。


生産国:コロンビア
エリア:トリマ地方 イバグエ市 
生産者:エルエンカント農園
標高:1800m
品種:カツーラ
処理:ドライプロセス


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。