インドネシア オナンガンジャン マーズロースト

17-IDN-OGA-M

インドネシアでは三大産地と言われるスマトラ島とスラウェシ島、ジャワ島。その中でスマトラ島は高品質なコーヒーを生産することで有名ですが、そのコーヒーのことを特別に「マンデリン」と呼ぶことがあります。もともとスマトラ島でコーヒーを盛んに栽培していた民族の名前に由来する呼称なのですが、いまでは広くトバ湖周辺のエリアで採れたコーヒーを指すようです。
トバ湖周辺では、アチェとリントンという二つの有名なエリアがありますが、それぞれに特徴的な風味特性を持っており、同じ湖のまわりと言っても個性が違っています。そのうち、SSEではいつもリントン地区からのコーヒーを好んでご紹介していまして、このオナンガンジャンもリントン地区からのロットです。
オナンガンジャンというのは、リントン地区の中に暮らす民族の名前であり、その場所の名前であり、彼らの育てるコーヒーノキの品種の名前でもあります。麻袋にも大きく印刷されていますね。スマトラ島にはたくさんの少数民族が暮らしていますが、その民族のひとつがオナンガンジャンということになります。リントン地区のコーヒーですから、マンデリンと呼んでもいいのですが、一生懸命に育てて大切に袋詰めされたその場所と民族の名前を大事にしたいと思い、オナンガンジャンという名前でご紹介させてもらっています。
コーヒーの風味は力強く、南国のフルーツを思わせる甘さとクリーミーな口当たりです。くちの中に残る香りはスマトラコーヒー独特のものがあります。
さまざまな事情から、安定した品質で継続的にコーヒー生産することが難しいと言われるインドネシア・スマトラ島のコーヒーですが、オナンガンジャンでは栽培から出荷までの品質管理がしっかりしており、安定した品質のコーヒーが出荷されています。


生産国:インドネシア
エリア:スマトラ島 フンムバン・ハスンドゥタン県
生産者:オナンガンジャン小農家
標高:1400m
品種:オナンガンジャン(自生の在来種)
処理:スマトラ式


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


コロンビア トトロ ジュピターロースト

17-COL-TOT-J

SSEの看板銘柄とも言える、おなじみのトトロです。
ニュークロップ(新年度産)になりまして、昨年のものと比べるとやや甘みを感じやすく、丸みのある風味に思えます。同じ場所で同じ生産者がつくっているので、基本的には、似た風味特性になるはずなのですが、毎年、細かく風味に差異があるところが農作物なんだなあと感心します。
今年はコロンビアで何かあったのか、出荷が遅れまして、例年は2月に切り替わるところがなんと4月にずれ込みました。やっとこちらの新年度ものをデリバリーできましてうれしく思います。
ジュピターローストではゆるやかに熱を加えつつ、しっかりとカラメルのような甘さと香ばしさを表現しています。ホットにもアイスにも使いやすい特性になっています。また、キレの良い後くちとスッキリ感で、しゃきっとしたいときにマッチすると思います。

こちらのロットは、SSE向けに出荷していただいており、麻袋に当店のロゴをプリントしてあります。通年、販売できるように計画的に生産者から購入しておりますので、いつでも変わらずお求めいただける銘柄となっております。


生産国:コロンビア
エリア:カウカ県
生産者:トトロ村小農園共同制作
標高:1950m
品種:カスティージョ
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


ホンジュラス クチージャ サターンロースト

17-HON-CUC-S

「ホンジュラスセレクトマウンテン」プロジェクトのロットです。
1500mの高地で栽培、収穫された完熟チェリーを、収穫された場所で生産処理を行うことで高い品質の生豆を出荷する、という目的で運営されています。このロットも非常に丸みのある、当たりの柔らかな印象があり、熟度の高さと処理の適切さを実感できます。
コマヤグア市のクチージャというエリアで、このロットはロスイカケス農園が生産したものです。
サターンローストで、春~夏にはアイスコーヒーにも使い勝手の良い焙煎です。ホットでも、落ち着いた飲み口と、しっかりしたボディで飲みごたえのある特性です。品種はカツアイ、非常にオーソドックスなもので、普段使いのスタンダードなコーヒーでしっかり目のものをお探しなら、オススメです。


13-HON-SBA-EA生産国:ホンジュラス
エリア:コマヤグア県コマヤグア市
標高:1500m
品種:カツアイ
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。


エルサルバドル パカマラル農園 アースロースト

17-SLV-PAC-E

パカマラル農園はエルサルバドル西部にあるサンタアナ火山から更に西へ20km程行ったところに位置しています。エルサルバドルの中でも標高の高いエリアに位置しており、土壌も火山灰土とコーヒーを栽培する上では大変恵まれた環境が整っており、カップオブエクセレンスでも過去4回の受賞歴を誇る農園です。

パカマラ種だけを植えるためにこの農園は作られました。単一品種だけで区分するというのはよく見られる手法ですが、ひとつの農園がパカマラだけを植えているというのは大変珍しいと言わねばなりません。
その熱意から、このロットではいわゆるパカマラっぽさ、さわやかな風味とシャープな口当たりを持ち、同時に完熟した実だけが持つ甘味とボディ感のバランスに優れています。

アースローストで軽めに仕上げた、品評会常連農園のパカマラロットをお楽しみください。


13-SLV-LNU-MA生産国:エルサルバドル
エリア:アウアチャパン県アパネカ
標高:1420m
品種:パカマラ
処理:ウォッシュト


>>ショッピングの流れと価格、送料やご注意事項などはこちら
※標準では豆のままの発送となりますが、「プレス用」「ドリップ用」「エスプレッソ用」に挽くことができます。その場合は、備考欄に記入してください。